FC2ブログ

よし!湯船にドボンだ!!

先週土曜日、ジャパンに落札品を取りに行きました。その時に不落札である、LOT No.1893を拝見しました。↓
P1050085_convert_20180603101719.jpg
その理由:鉄道75年と北斎加刷、水剥がしできないかなァ~。
現物確認した時の感想:実逓そのものだし、コレらがうまく剥がせれば、絶対に元は取れるし、さぞハッピーだろうナ。
この時は、カバー上部と検閲テープに(封の)切れ込みがあると思ってました。「まぁ、オンカバー状態でもいっか」程度で片づけて、購入に踏み切りました。その後に用事を済ませて、帰宅してから気付いたコトでしたが、これ実はオープンカバー(開封)だったのです。

おっしゃー、すぐに風呂入ろっかー゚∀゚)=3

そして間もなく、このカバーは「何処かのアホ」によって無残にバラされて、容赦なく湯船にドボンされるハメに。その約2時間後、いい湯加減の風呂から引き上げられて、十分に乾かされた姿がコレ。↓
P1050087_convert_20180603101743.jpg
貼られていたパーツ全ての取り外しに成功!特にこの2枚、即リーフ行きです。↓
P1050088_convert_20180603101800.jpg
鉄道75年・欧櫛TOKYO。比較的見掛ける消印ですが、SHANGHAI到着印+PC検閲印もあって、実逓使用そのもの。個人的には、北斎百年祭の欧櫛使用済の方が秀逸と思います。欧櫛押印のオフカバーは、今迄競りに出てきていないのです。発行年使用でもあるコレの水剥がしがうまくいった時は、年甲斐なく嬉しかったね~。
P1050089_convert_20180603101817.jpg
薄みも無く、うまく剥がれました。こうなればオンカバーで不落札品でも、オフカバー出品でそれぞれ落札なんて結果だったかも知れません。少なからず私でしたら、迷わずそれぞれの競りに参加しますね。そうなればこのLOT No.1893は、型値最低値2万円という結果では無かったのではないでしょうか。でも何はともあれ、お買い得でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eru-L

Author:eru-L
・ようこそヽ(・∀・)メ 
日本切手の使用例を中心に、紹介致します。タマ~に旅先の風景など、切手以外の出来事も掲載予定です。
ちなみに、ニックネームである
eru-L(エル)とは、Lure(ルアー)を右書きしたものです。

・ご注意を!!Σ(σ` ・ω・´)σ!!
【コメント:承認制】
コメント歓迎しますが、誹謗中傷は何卒ご容赦下さい。心象の悪いコメントや個人情報のコメント、また一般通念上、開示するに相応しくない内容(重複投稿含む)は、誠に勝手ながら未掲載・消去とさせて頂きます。
ご了承下さい。
又、画像等の転用や他ブログでの使用は、固くお断りします。
<*)))>< <*)))>< <*)))><

あくせすにんずう
Calendar 1.0
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新コメント
月別アーカイブ
ブログ翻訳
Flashリバーシ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR